格安スマホの選び方は?機種に迷った時、月額2000円お得はコレ!

格安スマホをと大手三社(docomo、ソフトバンク、au)は今のところ、大手三社のサブブランドにユーザーが流れているだけのような気がします。

毎月のスマホ代が10,000円払っているなら、2,000~3,000円で同じことができる格安スマホにすると出費をかなり減らすことができますよ。

私は月額1,000円程度にしています。ここでは機種が多すぎる格安スマホの選び方を掲載しています。

格安スマホと大手三社のスマホはどう違うの?

大手三社のスマホの月額料金は高い、格安スマホの月額料金は安い。

夫々に次のような特徴ががあります。

格安スマホは、ユーザに歩み寄った安い月額料金のスマホを販売している独立系が提供している。
大手三社のスマホは、学割でお得感をアピールしていている今までのスマホ。

格安スマホのメリット・デメリットとは?

格安スマホのメリット

月額料金を安く抑える事が出来る
違約金がない(二年縛りがない)

格安スマホのデメリット

サポートが大手に比べると落ちる
通信速度の遅い時間帯がある
キャリアメールアドレスが使えない

通信速度が遅くなる理由とは?

格安スマホで通信をする回線は、大手三社が所有している回線を間借りしているからなんです。

大手三社のサブブランド(UQモバイルやワイモバイルなど)を優遇して差別しているからズルい!というクレームがあった。

大手三社はそんなことはない、と言っているけど大手ならやりかねないです。

今のところ、混雑する時間帯(お昼休みや通勤通学時間の朝夕)は格安スマホだと遅くなることもある、と覚えておきましょう。

ただし、都内など人がたくさんいる場所で起こるので、地方になると速度は気になりませんよ。

格安スマホに適した使い方とは?

大手三社をそのまま使うかどうかは、次の利用頻度をチェックしてみましょう。

  • 一日のインターネットの利用時間
  • 一ヶ月の通話時間

メールのやり取り、LINEのテキストメッセージがメインでしたら、1ヶ月の通信料は2GBで収まるかもしれません。

電話は5分間無料(5分以上は課金)という場合、月額2,000円程度で格安スマホが使えるのでお得です。

月額料金が10,000円から2,000円になれば、8,000円の節約(年間96,000円)ですから無視できませんね。
これから30年使うと、2,880,000円が手元に残る事になります。

格安スマホの独立系会社のおすすめは?

mineo(マイネオ)、トーンモバイル、楽天モバイル、DMM mobile、イオンモバイルなどが有名ですが、750社以上もサービスを提供しています。

楽天モバイルは期待できるか?

FREETEL(フリーテル)の通信サービス事業を買収した楽天モバイルは、楽天市場を利用するユーザーに決済に直結するサービスを提供し続けています。

楽天モバイルが基地局を作る通信会社になることから、価格破壊をする可能性が出てきました。

現在はどのようになるか分かりませんが、月額料金が2,000円程度の格安スマホは便利だし、他の独立系よりも信頼できますね。

満足できるスペックの格安スマホとしてこちらの端末が人気です。

タイトルとURLをコピーしました