ゲーミングPC自作とBTOショップおすすは?購入ポイントはコレ!

ゲーミングPCのスペックや筐体の大きさも多様化していますね。ネットワーク通信は光回線で安定しているので、パソコンの性能によって反応もかわりますし、グラッフィックの性能によって楽しさも違ってきます。

自作PCを組み立てることから楽しむ延長に快適なゲーミングPCを作り上げる人もいれば、はじめてで何から手を付ければいいの?という人まで、パソコン購入をする時に確認するポイントをご紹介しています。

ゲーミングPCの自作は古い?

パソコン自作とBTOパソコンにどちらにしようか?と迷うかもしれません。どちらにもメリット・デメリットがあるので、整理してみました。

パソコン自作のメリット・デメリット

パソコン自作のメリット:

  • 予算に合わせてパーツを揃えることが出来る
  • ハードウェアの知識が必要になる
  • ソフト(OSやアプリ)インストールの知識が必要になる
  • トラブル解決の能力が必要になる

パソコン自作のデメリット

  • BTOパソコンよりお金がかかることがある
  • メーカーサポートがなく、自己解決能力を求められる

BTOパソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンとは、Build To Orderの略称で、パソコンショップが組み立てて販売しているパソコンのこと。

BTOパソコンのメリット

  • パソコンショップのサポートが受けられる
  • 購入価格が自作パソコンよりも安い
  • パーツの相性問題が解消されている
  • 組立完成品なので、すぐに使える

BTOパソコンのデメリット

  • 気に入らないパーツがあるかもしれない
  • パーツに納得しても筐体のデザインに不満があるかもしれない

自作パソコンとBTOパソコンが比較されるワケ

いつの時代も、どっちがいいの?という比較がされます。理由はいくつかあると思いますが、購入時期によって損する・得するなどが話題になっているような気がします。

  • パーツ(CPUやメモリ)の価格高騰する時期
  • 新CPUが発売されて、マザーボードとセット販売される時期
  • 高性能グラッフィックカードを搭載したマシンが販売される時期

はじめてゲーミングPCを買うならどれがいいの?

CPUは最新がいいのですが、かなり高額です。Corei7で予算内のものをおすすめしますが、はじめてならBTOパソコンがおすすめです。

BTOパソコンを購入したあと、メモリ増設やハードディスク、グラッフィックカードの交換などをして、ハードウェア(パーツ)の機能や構造を実際に見たり、触ったりしましょう。

特にハードディスクを交換した場合、OSとアプリのインストールをすることになり、時間がかかりますがパソコンの構造をハードとソフトの両面で理解できる絶好のチャンスになります。

これらを何度かやると自作パソコンを組み立てる自身がつきますよ!

また、手乗りパソコン(コンパクトな手のひらサイズのパソコンのこと)のゲーミングPCも話題になっています。
これはCPUとグラッフィックカードが搭載済みで、メモリとハードディスクを組み込めばパソコンとして動くので、初心者にも人気なんです。

自作パソコンは意外と簡単です!

初めは不安かもしれませんが、はじめから自作パソコンにチャレンジしてもトラブル無く組み立てられます。

パソコンショップ(パーツ取扱店舗)では、自作パーツコーナーに自作パソコン組み立てパンフレットや小冊子、ショップのウェブサイトで動画付きの解説が豊富に公開されているからです。

2000年ころの自作パソコンショップの対応を考えると、すごく丁寧に対応していると実感しています。

さいごに

いかがでしたでしょうか。自作パソコンにチャレンジするタイミングは人それぞれですが、パソコンの買い替えを検討しているときに、参考になれば嬉しいです。

IT系会社に就職する方が、入社前に自作パソコンを組み立てることで入社前に知識を得て自信がついた!という事例もあります(入社直後に自分のパソコンを組み立てて苦手から得意・理解をする企業もあります)

いちど、パソコンショップやパーツショップに立ち寄ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました