スマホ・ガラケーの2年縛り全面廃止と得する乗り換え方法とタイミング

スマホ・ガラケーの通信料金が他国に比べて高いため、政府は何度も見直しを迫ってきたが三大キャリ(ドコモ、au、softbank)はそのたびに頭をひねり顧客の流出を阻止するプラン(ますます複雑)を発表してきた。

ここでは2年縛りの全面廃止が決定したことで、通信料金が得する方法をまとめてみました。

乗り換えはオンライン申請にする

二年縛りが無料であると発表してるauやSoftbankだが、事務処理には人件費がかかるという理由から3,000円+税が発生するというのも要注意。店舗で待たされて解約・乗り換え手数料を支払うなら、無料のオンラインにしたほうが絶対にお得!!

スマホはSIMフリーを選ぼう!

格安スマホや格安SIMカードを選ぶ基準としてSIMフリー対応の端末を選びたいです。ムダなオプションがなく翌月に解約して別なSIMカードを差し込めば使える端末は使っていて安心ですね。

楽天モバイルの注意点

楽天モバイルは、通信費が安くてユーザーにはありがたいのですが、楽天モバイルで端末とSIMカードをセットで購入すうなら安心です。

しかし、楽天モバイルでSIMカードだけ、楽天モバイルで端末だけ購入したときは、通信、通話ができのか事前に調べておく必要があります。これはSIMカードの種類に対応しきれていない面があるからです。

ガラケー二台持ちのおすすめ方法

二年縛りの全面撤廃で完全無料であれば違約金を気にせず、いつでも乗り換えができます。乗り換え先として考えられるのは下記の2つです。

  • 通話専用SIMカード、基本料金が月額1,000円前後を探す(二台持ち)
  • デュアルSIMカード対応の格安スマホを準備する
    (1台に2枚のSIMカードが組み込める)

二台持ちのメリット(ガラケー+スマホ)

スマホよりも通話専用ガラケー端末(格安SIMカード対応)を持ったほうが、バッテリの消耗が少ないです。

通話専用ガラケー端末(格安SIMカード対応)は4,000円程度でフリマ(メルカリやラクマなど)で購入できます。

スマホを消耗品と割り切りれば、画面サイズで選べる。買い替え頻度を調整できる
アンドロイドOSや中古Apple端末などに限りますが、視力や持ち運びサイズなどの都合に合わせて選択肢が広がります!

一台持ちのメリット

SIMカードのスロットが2つあると次のメリットがあります。(通話専用と通信専用で個別に契約したSIMカードが同時に差し込める・使えます!)

  • 通話専用SIMで電話の発信・着信ができる
  • 通信用SIMをいくつかもち、状況に応じて入れ替えができる。

ファーウェイ(Huawei)スマホの注意点

私はHuaweiのP30 Liteユーザーですが、この端末を最後にファーウェイ製品から他社に乗り換える予定です。理由は下記の3つ

  • App Galleryという独自アプリストア(Google StoreやApple Storeのようなもの)で公式ではないニセアプリが流行ってしまい危険だから(公式には認めていないメルカリアプリがありました)
  • ユーザーの情報をどのように扱うかはファーウェイ社が安心・安全といっているが、国の方針には逆らえない(国の命令は絶対だから、個人情報は私達が自分で守らなければいけないから)
  • Googleのアカウントが使えずとにかく不便になる。アプリが少ないしAndorid OSではないので中国以外の地域では何かと不自由だから

二年縛り全面廃止で乗り換えたいおすすめ端末

SIMカードが3枚挿入できる。解像度にこだわらなければ20,000円前後で購入できるのでおすすめです。2年(24ヶ月)ごとに買い替えを予定しているので833円/月で維持管理できるので経済的!

タイトルとURLをコピーしました