EP-805A プリンタの互換インクで節約!

EPSONのプリンタEP-805Aを発売当初(2012年 09月20日 発売 )から使っています。はいインクパットの汚れでエラーになっていますが、リセットしながらなんとか使い続けています。

インクジェットプリンターの悩みは、純正インクを使うとランニングコストが高くなること!いつも低コストで使つかえる互換インクを探しています。

互換インクのメリット・デメリット

デメリット:低品質

よく言われている品質問題は、年々良くなっていると思います。しかし、純正インクと比べる劣っています。 では、なぜ?互換インクを使うのか?という点ですが、下記の方法で使っている人はコストを抑えて上手に使っています。

  • コスト重視で品質は二の次
  • モノクロ印刷とカラー印刷でプリンタを使い分ける
  • 互換インクに合うプリント用紙も選ぶ
  • カラー印刷は、業者に依頼する(割り切った使い方)
  • カラー印刷は、アプリを使いコンビニで印刷する

メリット:低価格のインクとプリンタを長期間使う

メリットはもちろん格安であることです。私はモノクロ(黒色のみ)印刷の専用プリンタとして使っています。 メリットは古い機種でも黒インクで印刷することが多いからです。

カラー印刷は純正でインクの交換頻度も少なくて済むというメリットが出てきます。メーカーの保証期間が過ぎたプリンタをモノクロ印刷専用機として使うのがおすすめです。

安くて便利な互換インク

コストを重視している、モノクロ印刷で十分、という場合は、ネットで互換インクを注文をおすすめします。 ネット通販で問題になるのは送料です。送料無料または、到着まで数日かかる郵便などで少しでも送料が安いお店を選ぶと良いでしょう。

また、サポート面も事前にチェックしておくと良いと思います。互換インクは認識しない可能性もあります。そのようなときに、返品と同時に代替インクを発送してくれる(返品インクを待たずに先に発送する)仕組みをもっているお店がおすすめです。(インクを返品しなくて良い、というお店も良心的で安心です)

タイトルとURLをコピーしました