ダイニングチェエア、足が悪い母に座敷で使える肘掛け椅子を選ぶ

高齢になると普段の動作が遅く感じることがあります。家族で住んでいると、一つひとつの動作がのんびりしていなぁと思うこともあるでしょう。

晩ごはんのしたくをしている母は食器の出し入れ、調理などに時間が今までより時間がかかっていることを認識しました。子供の頃に夕飯時の包丁がまな板を叩く音のスピードが40年、50年経過すると、衰えていると実感します。

動作が遅い理由は、足の関節の衰えだった

歩くのがゆっくりなのは、関節の衰えのようで、足の曲げ伸ばしが大変な様子。座椅子にすると立ち上がるのも大変なようでした。

座椅子よりもダイニングチェアを座敷でも使えないか?といろいろ調べているうちに、知っておいたほうがよいことがいくつかありました。

  • 肘掛け付き、そしてゆとりがあること
  • 背もたれの高さは姿勢にも関係する
  • ダイニングチェアの重さ

ダイニングチェエアを畳の上で使うことにした理由

座椅子とダイニングチェエアを比較して、回転する座椅子のほうが便利かもしれないと思いましたが、立ち上がるときに捕まる場所がテーブルや壁、回転する座椅子だったらどうでしょうか?

動くモノに捕まるのは一緒に暮らす家族として不安があるので、ダイニングチェエアに決めました。座椅子だと立ち上がるときにも足の曲げ伸ばしが必要になりますから。

意外と重要な重さ

それなりに時間をかけてデザインの良さそうな椅子を探していたのですが、重さを掲載していない商品が多くて悩みました。重さは重要ではない、と思うのは健康な証拠ですね。

椅子を押したり引いたりする行動にも力が必要だと気付かされたのです。通常のダイニングチェエアは5-6kgぐらいなので、1-2kgくらい軽い椅子が良さそうだと思いました。

肘掛け、取っ手付きのおすすめダイニングチェエア

重さが掲載されていないので、お店に確認して4kgと教えてもらいました。背もたれに取っ手があるので、動かすのが楽です。自宅のダイニングテーブルの高さとぴったりで、違和感がないのも良い点でした。

高齢者が暮らしやすい家に少しずつチェンジすることは、将来の自分への気遣いにもなると思いました。行動が遅い、モタモタしている、と周囲の人も気づいている。同時に本人は気持ちも焦っているんだろうと思うようになりました。

ダイニングチェア 1脚 単品 ダイニングチェアー いす イス 椅子 食堂椅子 木製 おしゃれ 北欧 無垢材 アームチェア ひじ掛け椅子 ブラック ベージュ ラバーウッド PVC アームチェア ひじ掛けあり 【1脚のみ販売】

タイトルとURLをコピーしました