通信費の節約!固定回線、スマホ、二台持ちで年間10万円カット術

通信費は年々増えていると思いませんか?買物で一円でも安く買おう!と心がけるのは良いことですが、毎月の固定費を見直すとコストカットになりますね。

毎月の固定費(住宅、光熱費、通信費、などなど)は見直して契約先を切り替える先で、毎月の支払額が減るので効果的です。 今回は「通信費の節約」に注目して、節約術、アイティア、見直しポイントをご紹介してます。

通信費の内訳と確認項目

通信費の出費はできるだけ安く抑えないと、無駄に支払っていることに気づかずに10年、20年と死ぬまでムダに大金を支払う可能性があります。


まずは、毎月の通信費の内訳を把握しましょう。一般の家庭では次の種類に分けられます。それぞれの出費の節約術を取り入れていくとコストカットできますよ。

  • NTTの固定回線(戸建てまたはマンションの光回線)
  • プロバイダー接続料(光回線でネット接続する料金)
  • スマホ代(ガラケー、スマホなどモバイル機器)

通信費の節約 固定回線について

携帯電話が普及してから、固定回線の権利(当時の権利費は約7万円)が今では無価値になりました。固定回線の契約数は年々減少中・・・。

次のいずれかで節約できます。

  • 受話専用なら解約
  • 通信のみの回線契約に切り替える

プロバイダーについて

ネット回線を使う場合、プロバイダーを経由してデータの送受信が出来るようになります。

プロバイダーはNTTの光回線と抱き合わせで販売されている事が多く、結果として知らぬ間にNTTとOCNというプロバイダーの固定費を支払っている可能性があります。

プロバイダーがOCNならもっと安くなります!

光コラボで固定回線の使用料を安くしよう!

プロバイダーは自由に選べますが、NTTの言いなりでOCNのままなら「光コラボ」でプロバイダー乗り換えをおすすめします。

光コラボとは?
プロバイダーがNTTの回線をそのまま使って、サービスを提供する商品です。次のような特徴があります。

  • 月額料金はプロバイダーに支払う
    プロバイダー料金とフレッツ光の料金が一体になる。
  • プロバイダー料金がOCNよりも安くなる

スマホ代 通信費について

スマホの通信費の月額料金が高額になっている人もいると思います。仕方ない、と支払っているなら節約方法を知っておくと、年間10万円以上の節約が出来るようになります。


契約内容は様々です。しかし次の2つのスマホの使い方で、かなりお得な月額料金になりますよ。

  • ガラケーとSIMフリースマホの二台持ち
  • 大手三社のスマホからSIMフリースマホに切り替える
  • ※SIMフリースマホは「格安スマホ」と同じ意味です

ガラケーとSIMフリースマホの二台持ち

迷ったいましたが、スマホからガラケーに戻しました。そして結果に満足しています。
その経験やお得な方法はこちらの記事をご覧ください。

>>> ガラケーとスマホの二台持ちに戻した結果、節約に成功しました!
 

タイトルとURLをコピーしました