タブレット デジタルフォトフレーム化する方法

デジタルフォトフレームは人気があったので家電量販店では多くの種類がありましたが、今は見かけなくなりました。店員さんによると、スマホやタブレットで代用できるから、とのことです。(役目を終えた機器のようです。。。)

タブレットやスマホを使える人には問題ありませんが、故郷の両親に子供の写真を贈りたい人には、上手く使いこなせないのではないか?といった心配があります。頻繁に写真を郵送するのは送る側にも手間になり、頻度が少なくなりがちです。。。

ここでは、格安タブレットとおすすめフォトフレームアプリの使い方、遠隔地でも最新の写真を追加・更新をする方法をご紹介しています。

タブレット デジタルフォトフレーム化

離れて暮らすご両親とのコミュニケーションツールとしてタブレットを使う目的で準備アイテムと予算、手順を確認してみます。

準備するもの

  • タブレット一台
  • 通信環境
  • 画像データ(マイクロSDカード)
  • フォトフレームアプリ

タブレット フォトフレーム用

デジタルフォトフレームは5,000円程度です。一方タブレットは10,000円程度と2倍以上の価格ですが、フォトフレーム以外に動画チャットなどにも使えるため、今後の利用範囲が広くなります。

使用しなくなったタブレットが一台あれば出費は抑えられますね。

通信環境について

通信環境はWiFiまたはSIMカード(格安SIMカードか大手三社のSIMカード)が必要です。アプリのダウンロードに使います。

画像データについて

フォトフレームに入れる画像を保存するためにマイクロSDカードを使います。容量は32GBあれば安心ですね。

フォトフレームアプリ

タブレットにフォトフレームアプリをインストールします。

アンドロイドのおすすめスアプリ

画像と動画が再生できるのとBGMとしてmp3のファイルも選択できるのでおすすめです。
CHECK! >>> 写真も動画も☆スライドショー|クラウド・フォトフレームEX

画像データの更新について

画像データはマイクロSDカードに保存すればOKですが、毎回、遠距離に住んでいる両親のタブレットに画像ファイをコピーするのは現実的ではありません。

Dropbox(ドロップボックス)の共有フォルダを作成し、画像を追加すると自動で更新してくれるのでおすすめです!

ドロップボックスも一緒にインストールしておく事をおすすめします。

CHECK! >>> ドロップボックス(無料)

さいごに

タブレットは2,3年で買い換える可能性があります。フォトフレームとして使う場合、高機能なタブレットは必要ないので、自宅で眠っているタブレットの再利用にもなります。

また格安SIMカードが使えるタブレットも1万円代で購入出来るので、遠隔地の両親とのコミュニケーションに重要なツールとして使えそうですね。

タブレットの選び方

LINEやSkypeなどのビデオチャットを使えば今後はもっと楽しくなりますよ。

フォトフレームアプリ一覧

タイトルとURLをコピーしました