書籍代の節約のコツとタブレットおすすめ活用法

本を読むのが好きで毎週、近所の本屋さんを巡っています。地方の書店が減少するなかで、偶然の出会いも減ってきました。

書籍は自分への投資だったり、知識欲求を満たしたり、娯楽だったりするので、買い込んでしまうことがあります。とくに専門書籍(パソコンやプログラミングなど)は一冊あたり5,000円程度なのでできるだけ節約したい!という思いがあります。

ここでは私が書籍代を節約するアイディアをご紹介しています。

書籍代の節約のアイディア

書籍の価格は値引きがなく、どこで買っても同じ。という事もあって、雑誌はコンビニ、ハードカバーや文庫本は町の本屋さんとネット(アマゾン、楽天ブックス)を使っています。

書籍代を節約するために次のようなことを実践しています。

  • 図書カードを使う
  • 定期購読をする
  • 雑誌読み放題アプリを使う
  • お店で古本を買う
  • ネットで古本を買う

これらは当たり前にやってることだよ、という方には役に立たないかもしれませんが、書籍の価格に値引きがない、という思い込みをなくし、最終的にいくら値引きをして購入できたか?を考えると新しい節約方法が見つかると思います。

図書カードを使う

図書カードまたは図書券はあまり見かけませんが、金券ショップで6%引きで購入できます。書籍が6%OFFですからお得感がありますね。

定期購読をする

定期購読は期間によって割引率が変わります。また送料無料で発売日前日にに届くので買い忘れがないというのも便利!

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

Fujisannは雑誌専門ショップで定期購やバックナンバーの購入ができます。読紙媒体と電子書籍でお得に購入できました。

雑誌読み放題アプリを使う

スマホやタブレットでは雑誌の読み放題アプリが幾つかあります。無料期間があるので気になるアプリがあれば試して見ましょう。

週刊誌、月刊誌はコンビニに立ち寄ると買ってしまうのですが、アプリを使い始めてからは雑誌をほとんど買っていません。毎月200冊以上あって、ビジネスや趣味の雑誌が読み放題ですからかなりお得!

読み放題アプリ おすすめ

いろんなアプリを試しました。どのアプリも雑誌数は200-400冊と豊富!

私が使っているのは「楽天マガジン」というアプリです。

決め手になったのは、月額料金でした。月額380円(税込み410円)タブレット・スマホが5台まで使えるというのが良かったです。 家族で週刊誌を読めるので家計の出費を減らすことができました!

家族も週刊誌や月刊誌は読み終わるとゴミになるので、読み放題アプリは大歓迎!! 節約効果が大でした!

お店で古本を買う

ネットがメインになる前は、近所の古本屋さんで本を探すことが当たり前でした。

チェーン店の「ブックオフ」や個人経営、小規模の古本屋さんをリスト化しておくといいかもしれません。
新しい本がすぐに中古に回ることは少ないので、往年のベストセラーや見つけたら買う本リストなどを作っておくと便利ですね。

ネットで古本を買う

欲しい本、気になった本、テレビ、ラジオなどで紹介された本などはメモしておき、定期的にヤフオクでチェックします。

アマゾンのマーケットプレイスも利用しますが、送料が一律で高いのが難点です。

ヤフオクは高額な商品を購入しなければリスクは低いので安心!
ヤフオク以外にも信頼できるネットショップがあるので、調べてみる事をおすすめします。

私がよく使うお店はこちら

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

まとめ

書籍を割り引いて購入するアイディアを幾つか書いてみました。本好きがいかに安く購入するか?を考えて実践した事ですので、参考にしてもらえるとうれしいです。

オークションで個人間取引がカンタンになりましたが、信用度・安心な売買ができる古本ネットショップもチェックしておくと掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました